マルチプレイ

マインクラフトPE マルチプレイの種類

更新日:

マルチプレイの種類画像001

マインクラフトPEでは一人で遊ぶソロプレイ以外にも、他の友達と一緒に同じワールドで遊ぶことができる『マルチプレイ』が用意されています。

また、マルチプレイにも、近くの人とだけマルチ、遠く離れた友人とマルチ、公開されているサーバーに接続して知らない人とマルチ、他のアプリを使ったマルチ、などの種類があるので、このページでは各種マルチの特徴を解説していきます。

スポンサードリンク

wi-fiマルチプレイ(ローカルマルチ)

マインクラフトPEWi-Fiでマルチプレイ画像002

同じWi-Fi(ワイファイ)ルーターに繋がっている人同士でマルチプレイをすることができます。主に『ローカルサーバーマルチ』や『ワイファイマルチ・Wi-Fiマルチ』『LANマルチ』と呼ばれています。

  Wi-Fiマルチの特徴
メリット 同じWi-Fiルーターに接続するだけなので、とてもお手軽で簡単。

家庭に設定しているWi-Fiルーターや、ポケットWi-Fiがあればすぐにマルチプレイができる。

ios端末、android端末、Windows10アプリ版など種類が違う端末同士でもマルチプレイができる。

デメリット Wi-Fiマルチは近くにいる人としか一緒にプレイできません。遠く離れている人とはこの方法だと一緒にプレイできない。

ホストのプレイヤーがマインクラフトPEを終了すると、他のプレイヤーも切断される。

ルーターやポケットWi-Fiなどの、Wi-Fiが利用できる環境が必要。

同時に遊べる人数 2人~5人まで

 

XboxLiveアカウントでマルチプレイ

マルチプレイXboxLive画像003

XboxLiveアカウントのフレンド機能を利用することで、遠く離れていてもマインクラフトPEのマルチプレイをすることができます。ネット環境は必要ですがアカウントさえ作れば楽にマルチが可能です。

  XboxLiveフレンドマルチの特徴
メリット 遠く離れている友人とでもマルチプレイができる。

XboxLiveアカウントを持っていれば、お互いがフレンド登録するだけなので簡単。

XboxLiveアカウントの、フレンド登録した人だけでマルチなので知らない人は入れない。(荒しの心配が少ない)

ios端末、android端末、Windows10アプリ版など種類が違う端末同士でもマルチプレイができる。

デメリット XboxLiveアカウントを持っていない場合は、作る必要がある。

インターネット回線を使用するので、端末がネット回線に繋がっていないとできない。

招待したプレイヤーがマインクラフトPEを終了すると、他のプレイヤーも切断される。

同時に遊べる人数 2人~5人まで

 

Minecraft Realmsでマルチプレイ

マルチプレイMinecraft Realms画像004

Minecraft Realms』とはマインクラフトが公式で用意した有料サーバーです。Realmsを利用することでフレンド登録した友達とマルチプレイをすることができます。

  Minecraft Realmsマルチの特徴
メリット 遠く離れている友人とでもマルチプレイが可能。

同時に10人とマルチプレイができる。

ワールドを作った人(ホスト)がログインしていなくても、他の人はプレイできる。ワールドは常時オンライン。

XboxLiveアカウントの、フレンド登録した人だけでマルチなので知らない人は入れない。(荒しの心配が少ない)

デメリット 有料なので毎月お金が必要。(支払う必要があるのはホストの人だけ。30日のお試しあり)

XboxLiveアカウントを持っていない場合は、作る必要がある。

インターネット回線を使用するので、端末がネット回線に繋がっていないとできない。

同時に遊べる人数 2人~5人まで

 

他にもサーバーを自分で用意して公開したり、アプリを使用してマルチをすることができます。

-マルチプレイ

Copyright© マイクラPE攻略.com , 2017 AllRights Reserved.